[ flavajトップへ ]


○2006年から2009年に書いた短編小説など。

※pdfのバージョンが変わったため、以下の四編、句読点など文字化けしてます。読みづらくてごめんなさい。

アルコールとわたし - アルコールにまつわる随筆的一人語り。pdf形式、二段組みなのでちょっと読みづらいです。[2009/08-09]

メビウス切断 - 四百字詰めで百枚強、長め。pdf形式。テキスト形式は<こちら>。[2008/04/09]

暗闇の力 - ちょっと濃い目かも。イラストはアステカの神テスカトリポカ。pdf形式です。[2007/06/28]

伊豆山唐辛子菩薩 - 唐辛子ソースの物語。pdf形式なので読めないひとは御免。[2006/07/18]


○1999年から2004年に書いたやや古いもの。

du abortigajxoj (どぅ・あぼるてぃがーじょい) - 独白風。ひらがなばかりで、ちと読みづらい。

いまの ぼくの ものがたり - これも独白風。書式がヘンです、失礼。

しずかのはま - 男二人の会話で構成されたお話。

そのとき、おれの意識は - 昼下がりの冴えた意識の正しい終わり方。

南の島にて - たぬ兵衛登場。

二つの世界のはざまで - 男と女の会話で構成。

ぼやいて候 - ぼやきまくりの独白風。