さて、このあとは、どういたしましょうか。

良寛さんの詩

!